プロフィール

スタッフ

日本酒が好きです。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 6月の地酒 | メイン | 7月の地酒 »

2009年6月14日 (日)

龍神丸の高垣酒造さんへ行ってきました。

6月 中旬。 例年ですと 梅雨の時期ですが いい天気でした。

今日は 以前から 伺いたいと思っていた 和歌山の高垣酒造さんの見学に行ってまいりました。

高垣酒造さんのHPに 「蔵元見学」可能とありましたので 電話を入れてみました。 

わずか2名の見学申込でしたが、 快く受け付けていただきました。 

大阪からは 2時間ほどです。

当日は 少し早めに着いて 周辺を探索しました。

みかん畑に囲まれ 川には小魚がいっぱいる すばらしい自然環境でした。

建物は すごく歴史が感じられ、聞いてみると文化財の指定を受けていました。

創業は 1840年で 現在の建物は 大正の終わり頃に500mほど奥から移転されたそうです。

ご挨拶をさせていただいて 早速 蔵の案内開始です。

蔵の中は 冷房なしですが、とても涼しく そこに緑のタンクがいっぱい並んでいました。

和歌山というと 温暖な気候に感じられますが、谷あいに吹き降ろす風により、冬場は 蔵内の気温は零下になるそうです。

このタンクはホーロー製で そのひとつには 神戸製鋼が昭和29年に造ったものでした。 

ひとつが 7000L前後の容量があります。 

最近はホーローのタンクは作られなくなったとのことで ステンレスのタンクが主流になってきているそうです。

このステンレスタンクは 大吟醸など小仕込み用に使われるそうです。

タンクには 作者直筆の「もやしもん」のキャラがありました。

一説には 高垣さんがモデルかも??? 

昔は 2階にも作業場があったとのことですが、現在は ほとんど一人で酒造りをされているので 作業場は1階だけにしているそうです。

麹室(こうじむろ)  厳重に管理されていて 入室は禁止です。

タンクごとの温度管理 
タンクの下にある 給水管のレバーの開け具合で温度調節をします。
これをコンピューターに任せず 自分の五感をフルに使って調節するそうです。

 

そして 濾過・加熱殺菌処理・瓶詰めなど一通りの作業について丁寧に説明していただきました。

案内が終わると 楽しみな利き酒の時間です。

どんなお酒が出てくるのか楽しみにしていますと、

なんと 龍神丸 大吟醸の中取り と 通常の大吟醸 と 純米吟醸 の3種


龍神丸の 酵母違いの「喜楽里」(きらり) 
こちらは華やかなタイプのお酒。
女性の方に人気があるそうです。 当店にもあります。

「喜楽里」の加水バージョンの「紀ノ酒」純米吟醸
こちらは「もやしもん」の作者お気に入りだそうです。 
さわやかな口当たりにいくらでも飲めそうなお酒です。

さらに 地元で大人気の「流霞」(ながれかすみ) 本醸造生原酒と純米生原酒

本醸造生原酒は 20度近い度数でありながら おりがらみで、柔らかな飲み口としっかりした旨味が特徴です。

どれも素晴らしいお酒でした。 特に中取りの大吟醸は 価格から考えても相当の仕上がりです。 

また 特に表示はありませんが、 中取りは無濾過だそうです。

旨味がありながら 無濾過とは思えない透明感あふれる大吟醸でした。

今年の龍神丸も すばらしい仕上がりになっていました。

秋以降には 熟成が進み さらに美味しくなります。

嬉しいことに 見学に来られた方には この超入手困難な 中取り大吟醸を在庫がある限り試飲させていただけるとの事でした。
あまりの美味しさにおかわりをされる方もいるとか。

お会いしてから 終始笑顔で優しさあふれる対応をしていただいておりましたが、

利き酒をしながらお話を聞くと、さらにその人柄に感動いたしました。

とにかく 優しい人柄の中に とことんこだわる気迫があります。 

「自分の出来る限りのことをする。 どんな小さなことにも妥協しない」

最近 コンピューター管理の酒造りも増えてきていますが、 

「コンピューター管理をすれば 楽も出来るが、
酒は生き物・人間の五感を研ぎ澄ませて発酵の状況を感じ取り、
細かな手作業での調整をし、また 確認し そしてまた調整する
の繰り返し。
手間はかかるが コンピューターは使わない。」 

その酒に対する愛情と 張り詰めた気迫の中で 仕込み時期はは毎日3時間以下しか寝られません。

そこまでこだわるのも 「お酒を飲んでいただく人に喜んでいただくことを第一に考える」からだそうです。 

とことん頑固で 優しい方です。

仕込み水について聞いたところ 山から出てくる水脈に向けて掘った井戸の井戸水ということでした。

飲ませていただくと まろやかな軟水でとても美味しい水でした。

ずっとお話していたかったのですが 3時間近くお邪魔していたので おいとまいたしました。

本当にありがとうございました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/568683/28630029

龍神丸の高垣酒造さんへ行ってきました。を参照しているブログ:

コメント

高垣酒造場訪問いいですね。機会があれば今度是非ご一緒させて頂きたいものです。私も龍神丸の大ファンです。特に中取りはいいですね。最近は入手困難となってしまいましたが・・・。次回お伺いさせていただくのが楽しみです。蔵訪問のお話是非お聞かせくださいね。できれば、龍神丸を頂きながら。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

日本料理と地酒 華喜-はなき- のサービス一覧

日本料理と地酒 華喜-はなき-
  • TEL06-6203-1277