プロフィール

スタッフ

日本酒が好きです。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年8月 | メイン | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

丹波 立杭焼

大阪は 10月直前なのに まだ暑さを感じます。
しかし 先日 丹波立杭に 焼物を買いに行ってきましたが、
大阪と違い 秋の気配でいっぱいです。

たわわに実りこうべを垂れる稲穂

大きく育った栗 
ところどころの道端で栗を直売しています。

大阪市内では 見かけなくなってきたススキ

赤く実った柿

など 秋を楽しめる風景にあふれていました。


器のほうは 15年ほど前からのお付き合いになる
丹波立杭焼の 窯元の 「丹水窯」さんで買いました。

丹水窯
兵庫県篠山市今田町上立杭篠尾口2-5
079-597-2371

大阪から 高速道路を使って1時間ほどです。

以前は 道路沿いではなく もっと奥にありましたが 10年以上前に今の店に移転されています。

ここのご主人は とっても優しい人柄で その人柄が陶器造りに表れているようです。 立杭焼は 備前焼などと風合いが似ていますが 田んぼの底の泥のような土で 鉄分が多いので 黒く焼きあがるとのことでした。


今回 購入したうちのひとつが 写真の茶色の茶碗です。
秋のイメージの色合いの飯器に イクラ御飯がよく映えます。


窯元さんでは こんな器を造って欲しいなどという要望にも答えてくれます。
皆様も機会がありましたら オリジナルの器をデザインし、造ってもらってください。

また 今月の17日(土)~18日(日)に 丹波焼陶器まつりが開かれますので 下記をご覧いただけると幸いです。

陶器まつり URL

http://www.tanbayaki.com 

そして 露天風呂が心地よい こんだ薬師温泉 ぬくもりの郷 もお勧めです。

続きまして
10月の地酒飲み放題ですが  


山形の 「くどき上手」の限定「ばくれん」が届きました。

この「ばくれん」は 通常のばくれんが美山錦を原料米とするのに対し、 原料米が山田錦の母系の山田穂というお米を使っています。

 この米は わりとしっかりした味わいが出るように思いますが この米を使った 超辛口+20の「ばくれん」が楽しみです。

私は 個人的には 超辛口は 味わいが薄くなり アルコール感が強くなる傾向がありますので あまり好きではないのですが、 前回の亀の尾を原料米として造った「ばくれん」がけっこう皆様に好評で あっという間になくなりましたので 今回は 少し多めに仕入れました。 ぜひ一度お試し下さい。

超辛口ですが 口当たりは それほど辛さを感じないと思います。


また 9月大好評でした 山口の獺祭 純米大吟醸50(昔は純米吟醸50)


と 磯自慢 特選本醸造 を継続してご用意いたします。

この2種は 地酒・焼酎飲み放題でも ご用意いたします。
地酒飲み放題では 他に 惣邑・町田酒造・亀甲花菱・而今など 美味しいお酒をご用意しております。


お勧めの冷酒ですが

香川の「凱陣」の五百万石の純米吟醸 19BYが 飲み頃になってきました。


芯のある味わいの「凱陣」の中では 比較的飲みやすく お勧めです。


また 先述の群馬泉の淡緑の 冷や が美味しいです。



 
田酒の 純米大吟醸 も まろやかになり 飲み頃になっています。
ぜひお試し下さい。


また お燗が美味しい季節となってきました。
当店の一押しは 群馬泉の 超特選純米 と 純米吟醸 淡緑 です。
また 神亀・大七も人気があります。
先日の試飲会では 栃木の「大那」の特別純米ひやおろしが 美味しかったです。 10月1日発売の商品です。 こちらもご用意する予定です。

日本料理と地酒 華喜-はなき- のサービス一覧

日本料理と地酒 華喜-はなき-
  • TEL06-6203-1277