プロフィール

スタッフ

日本酒が好きです。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

雑記(その他) Feed

2010年11月15日 (月)

休業期間中の店舗について

残すところ 現店舗では あとわずかの営業となってまいりました。

お客様に休業のことをお知らせすると

「どこかで店をしないのか?」  というお声を多くいただきました。

休業期間中の店舗は 現時点では まだ未定ではありますが、

私どもも 体がなまらないように どこかで小さいながらも 

営業をすることができないかを考えております。

その場合、 今のように個室の店はちょっと無理ですので、

カウンター と テーブル席の小さな店となりそうですが、

より 利用しやすいお店をと考えております。

気軽に立ち寄れる 割烹か居酒屋のような感じとなるでしょうか・・・

ちょっと仕事帰りに 寄って

お酒を楽しんだり 

酒と肴を楽しんだり 

夕食がまだな方には 軽く食事もできるような店。

お一人様で御越しになっても きさくな女将と会話を楽しんでいただける店。

今まで同様いろいろな日本酒を中心に 焼酎も楽しんでいただける店。

利用しやすい料金。

料理はコースではなく 一品料理が中心となります。


などを考えて どこかに店を作ることを考えております。

また 詳細が決まりましたら ぐるなびの華喜のページにてご案内させていただきます。

2010年10月28日 (木)

長い間お世話になりました。

当店は 昭和40年の創業以来 長年にわたり皆さま方に格別は御愛顧を賜ってまいりました。 本当にありがとうございます。

入居するビルも築49年となり そろそろ建て替えの時期が来たようです。
つきましては 平成22年12月22日の営業をもちまして 日本料理 華喜 は 建て替えの為 約1年間を休業させていただきます。

新店舗は現在と同じ場所となります。 また完成時期がはっきりいたしましたら 改めて御挨拶をさせていただきます。

約1年の間営業ができないことにつきましては たいへん残念ではございますが、新店舗では より皆さまに喜んでいただけるお店を目指して頑張りますので、一時休業のご挨拶かたがた、よろしくお取り計らい下さいますよう 心よりお願い申し上げます。


華喜最後の日本酒サービス企画

日本酒の好きな方には このブログをご覧いただき本当にありがとうございます。 以前のブログにて申し上げておりましたように
11月の地酒企画として 日本酒をサービス価格でご奉仕したいと思います。

期間は11月の8日から11月の22日までとさせていただきます。

いろいろと楽しんでいただきたいと思いますので
「特選地酒飲み放題メニュー」をご用意します。

日本酒ゴーアラウンドで皆さんにお世話になりました 龍神丸・喜楽里をはじめ お一人様1杯限りなどの条件がつくかもしれませんが、
十四代・田酒・飛露喜 その他 大吟醸クラスも御提供できるようにしたいと思っております。
また お一人様1杯限りで先着順になると思いますが 当店に残っております 龍神丸 大吟醸 純米吟醸中取り なども僅かではございますが御提供させていただく予定です。

このグレードアップした特選地酒飲み放題は 上記期間に限り
ご提供させていただきます。
このコースでは 日本酒を楽しんでいただく企画ですので
お飲物は 日本酒とお水・ウーロン茶だけとなります。

この企画は1日2組様限定とさせていただきます。
また大人数には十分なご対応ができませんので
8名様以下でお申し込みをお願いします。

この特選地酒飲み放題を 超お値打ちな 2500円でご用意させていただきます。(下記のコースとのセットになります)

「特選地酒 月」コース
月コース4000円とこの「特選地酒飲み放題」で 
6500円(税込み6825円)

「特選地酒 雪」コース
雪コース5000円とでは 
7500円(税込み7875円)でご提供させていただきます。

「特選地酒 華」コース
華コース7000円とでは 
9500円(税込み9975円)にてご提供させていただきます。
もっともお得なコースです。

和食と日本酒の素晴らしい相性を楽しんでみて下さい。


また 若い方にも日本酒の素晴らしさをお伝えしたいので
30歳以未満の方は 1000円を割引させていただきます。(要 年齢確認)
女性の方も 1000円を割引させていただきます。
(事前にお伝えください)

では 残すところあと少しの営業となりましたが どうぞよろしくお願い申し上げます。

2010年10月 3日 (日)

日本酒ゴーアラウンド を振り返って

日本酒ゴーアラウンド2010が終わりました。

ご参加いただきましたお客様
本当に ご来店いただきありがとうございました。
当日は 約250名様のお客様にご来店いただきました。

「龍神丸」「喜楽里」 楽しんでいただけましたでしょうか。
龍神丸大吟醸は 追加注文が予想より少なかったので
全ての方に龍神丸大吟醸をご提供することができました。 

当日は 日本酒への愛情や興味いっぱいのお客様の
すごいパワーを感じました。 とってもうれしかったです。

しかし はじめての参加で 通常と異なる営業形態で不慣れなことも多く
ご迷惑をおかけしたことも数多くあると反省しております。

終わったあとは なんとか大失敗なしに終われたと思うのと同時に
いろいろな反省点が次々と見つかって すごく落ち込みました。
「龍神丸」「喜楽里」というお酒の素晴らしさを 
きちんとお伝えすることができましたでしょうか・・・。
今日は その反省点を 次回のために整理していました。

当日 特に 7~8時ごろには 一時 30名近い待ち人数が出て
たいへんご迷惑をおかけし またお待ちいただくことへの十分なご対応ができていなかったこと お詫び申し上げます。
また 3名様や5名様以上の方におかれましては
スムーズにご案内できなくて 本当に申し訳ございませんでした。

ばたばたしてしまい NGAの様子を写真に取ろうと思っていたのですが、
まったくとれず 準備中の部屋の様子しか取れませんでした。


今回のサービス酒「龍神丸 大吟醸」は どちらかというと
食前や あまり日本酒になれていない方などに向く
フルーティーなお酒の部類に入りますが、
仕込み水の柔らかさと しっかりした造りで
香りがぷんぷんするだけで味わいの少ない大吟醸とは違う存在感があります。
これで 1升瓶で4400円という価格は劇的に安いです。
このお酒を多くの方にお飲みいただけこと また 「龍神丸を飲みたかった」 とのお言葉を数多くいただいたこともすごくうれしく思っております。 本当にありがとうございました。
高垣杜氏は 生前 多くの方に龍神丸を飲んでいただきたいと いつもお話されていました。


また 私がうれしかったのは 「龍神丸 純米」を予想以上にご注文いただき
予想以上の高評価をいただいたことがうれしかったです。
さすがにNGAに参加される方は 純米をその蔵元さんの造りを見る要素とされているように思いました。
龍神丸は 造りがしっかりしているので 純米系もしっかり旨いお酒です。

龍神丸・喜楽里は 今回 NGAに参加されている多くの蔵元とは
お酒のタイプがちょっと異なりますが 
飲み比べていただきいかがだったでしょうか?


今回は お酒の酒質を考えて また 提供スピードを考えて
冷酒でのご提供だけでしたが
日本酒は 味わいの幅がたいへん広く 
生 と 火入れ 
また それに熟成の要素も加わり
燗という温度の要素も加わり
さらに そのときの料理との相性なども考えると
本当に幅広く楽しめるお酒です。

今回NGA2010にご参加いただきましたお客様におかれまして
これからも日本酒をお楽しみいただき そして日本酒の素晴らしさを広めるのにご尽力いただければと思います。

またご縁がございましたら ゆっくりと日本酒について
お話ができればと思います。
11月には 気軽に日本酒を楽しめる企画をご用意するつもりです。
できましたら またブログにてご案内いたします。
龍神丸・喜楽里も少し残りましたので
そのときに またご用意いたします。

今回のNGAへのご参加 本当にありがとうございました。


追伸 
今回 杜氏さんの急逝により 蔵元さんは不参加とご案内しておりましたが、 実は 龍神丸を楽しむお客様の姿を見ていただきたいと思い。
高垣様の奥様にお願いして当店にお越しいただいておりました。

蔵出し作業以外は お酒造りにはかかわっていなかったので
お忍びで 当店のスタッフを同じ作務衣を着て
サービス酒の大吟醸をできるだけ注いでいただきました。

終わってから 感想を聞いてみると

龍神丸を飲んでおられるお客様の顔を初めて見れたこと と
皆様の龍神丸を飲まれるときの笑顔が忘れられない と

今後の酒造りにの支えになるとお話されていました。

奥様が来られていると知っていたら 一声掛けたのに 
というお客様の多くおられるとは思いましたが
今回は あえてお忍びの形をとらせていただきました。
事後報告となりましたこと お詫び申し上げます。

皆様 これからも高垣酒造の応援をよろしくお願いします。



2010年7月28日 (水)

10月 1日 って何の日か知ってますか?

しばらくご無沙汰をしておりまして申し訳ございません。

連日の猛暑の中をお越しいただき本当にありがたく思います。


華喜では 浴衣姿での接客が 涼しげで季節感があると たいへん喜ばれております。 
そこで 7月末までの予定でしたが 8月の11日まで浴衣姿でのお出迎えをさせていただきます。

8月12日(木曜)から 15日(日曜)までは お盆休みをいただきます。


ところで 皆様は 10月 1日 って 何の日か知っていますか?

これは 知っている人しか知らないような日 というのが現状だと思います。

しかし 10月1日を何の日かを知ってもえるように

当店も 10月1日には イベントに参加することにしました。

この日 当店は イベント専用の日となりますので
通常のご予約はお受けすることができません。

ということで 10月1日は 「日本酒の日」 です。

これは 日本酒好きな方でも 意外と知りません。


そして 10月1日のイベントとは

今年で3回目になります 
『日本酒ゴーアラウンド』 という

お酒好きな方には とっても素晴らしいイベントがあります。

今年は 『日本酒ゴーアラウンド2010』

略して NGA2010 です。(以下NGA)


このイベントは

「日本酒卍固め」さんが主催です。

とっても素晴らしい人柄の方々です。

「日本酒卍固め」って何? って思われる方は

http://manjigatame3.or.tv/

をご覧ください。

NGA2010の イベント内容は 

1. まず500円で参加バッジを購入する。
   お盆明けより店舗にて発売の予定です。

2. 10月1日は 『日本酒の日』であり楽しいイベントがあることをできるだけ広めていただく。
   10月1日は 夕方から ほかの予定を入れないようにする。

3. 当日は そのバッジを付けて参加店舗に行く。

4. 各店舗には 蔵元さんが来ていて 蔵元さんと話をしながらそこのお酒が飲める。 
   しかも、 バッジのある方は1杯目は無料。
   
5. そして 参加店舗をはしごして いろいろなお酒を楽しむ。
   各店舗ごとに 販売するお酒が異なります。

 というようなとっても楽しいイベントです。
 

このNGAは 今年で3回目で 初年度の7店舗 2年目の11店舗から

今年は 大阪市内の24店舗が参加する日本酒の一大イベントとなりました。

まずは 参加店舗と 銘柄 についてのご案内です。

~北エリア~
1.酒や肴よしむら × 鶴齢(新潟)
2.チルコロ × 七本槍(滋賀)
3.酒肴人 × 不老泉(滋賀)
4.麦太郎 × 大治郎(滋賀)
5.京橋あじあん × 十旭日(島根)
6.美酒燦燦いっせい × 川鶴(香川)

~福島エリア~
7.尊尊我無 × 奥播磨(兵庫)
8.びんびとお酒おがたまの木 × 都美人(兵庫)
9.酒肴のろのろ × 玉川(京都)
10.千喜千輝 × 篠峯(奈良)
11.森ん家 × 竹泉(兵庫)

~中央エリア~
12.蔵朱 × 日置桜(鳥取)
13.和魂ほむら × 天野酒(大阪)
14.味酒かむなび × 開春(島根)
15.天ぷら介 × 天青(神奈川)
16.お好み焼介 × 花巴(奈良)
17.酒肴和亭 × 瑞冠(広島)
18.日本料理華喜 × 龍神丸(和歌山)

~南エリア~
19.創菜KO`z × 杜の蔵(福岡)
20.きき酒家 ×亀泉(高知)
21.ぶいはち × 金鼓(奈良)
22.美酒美食BAR 龍や × 義侠(愛知)
23.マンボウ × 笑四季(滋賀)
24.丑寅 × 川亀(愛媛)  

順不同


当店では 和歌山の高垣酒造さまの 高垣杜氏にお越しいただきます。

高垣酒造さんといっても あまり聞いたことないと思います。

また 和歌山って 日本酒のイメージではありません。

和歌山っていうと みかん 梅干 まぐろ 醤油 白浜 などのイメージです。

しかし とってもいいお酒があります。

そこのとを紹介したくて 今回当店では NGA2010で 

高垣酒造さんの『龍神丸』を皆様にご紹介いたします。

「龍神丸」は 一部の酒通の方には 「もやしもん」で紹介されたことで有名になりました。 
しかし 販売店が限られているうえ、 発売と同時にほぼ完売となってしまうので 意外と知らない方も多くいらっしゃいます。

当店は この『龍神丸』を フルラインで揃えて
皆様にご紹介しようと思っています。

超レアな 中取り大吟醸 や 中取り純米吟醸などもご用意いたします。

また 同蔵の 喜楽里の中取り大吟醸 や 中取り純米吟醸もご用意します。

龍神丸をフルラインで飲めるのは 今回限りかもしれません。
一部の商品は 売り切れも考えられます。

当日の詳細については まだ未定ですが、
当店のお料理は いつもはコース料理ですが、
今回は メニュー数はそれほどご用意できませんが
単品でのご用意となります。

また 会場となるお部屋も いつもの個室利用ではなく
大部屋に いくつかテーブルを置く形でのご利用となります。

詳細が決まり次第 ぐるなびのページの中で ご連絡をしてまいります。

皆様のご要望などもございましたら できる限り取り入れていくようにいたしますので、ご意見・ご要望などございましたら

yodoyabashi_hanaki@yahoo.co.jp

までお願いします。
できるだけ ご要望に沿うような形を考えます。
   


最後に 各参加店舗の位置関係については 下記の地図のHPをご覧ください。 とっても便利です。


http://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&ie=UTF8&brcurrent=3,0x6000e6553406e2e1:0xc55bc16ee46a2fe7,0&msa=0&msid=109550186972615429762.00048b9febd1d7ab4bddc&ll=34.687993,135.501766&spn=0.082573,0.114841&z=13


さあ 気になる蔵元のお酒をいくつか選んではしごするのもよし

全店制覇で 24の蔵元さんのお酒すべてを楽しむのもよし

ひとつの蔵元さんのお酒を腰をすえて飲むのもよし

いろいろな楽しみ方があります。

皆様 ぜひ 10月1日は 日本酒を楽しんで 

日本酒の素晴らしさを 再発見してください。 

2010年6月12日 (土)

久しぶりのブログです。

すっかりブログのほうはご無沙汰しておりました。

5月には 上方日本酒ワールドが盛大に開催されたり

当店のお客様の要望で高垣酒造さんへ行ってきたり

名古屋に熟成酒を味わう会に行ってきたり

酒器を作ってもらうために 京都の陶芸家さんのところに行ったり

お客様からのご要望である テーブル席の個室を増やすために
お座敷をテーブル席に対応できるようにする準備をしたりと

結構忙しくてブログを更新できませんでした。

上方日本酒ワールドは 本当に大盛況でした。

日本酒のイベントでこんなに多くの人が集まることがすごくうれしかったです。

大阪で地酒を得意とするお店と 京都から日本酒バーのお店が参加していました。

各店がお勧めの日本酒とそれにあう料理を提供するという
すばらしいイベントでした。

シンプルなれど 素材を生かしたお酒のあて

こちらは よしむらさんです。


トレーを用意してくれる配慮がすばらしい

こちらは 日本酒うさぎさんです。


京都からの出店です。

こちらは イスラエル人のヨラムさんが扱う 熟成酒です。
日本人より 酒を理解する感覚に優れたものを持っているようです。


また ここでは たまたま隣で飲んでいた 
「山間」「越の白鳥」で有名な新潟第一酒造の杜氏さんの武田さんと
そのご友人の方と出会うことができ また新しい発見ができそうです。

5月には 龍神丸が発売されました。
毎年 発売即完売に近いぐらいのお酒です。

それを飲みたいとのお客様からのご要望で
高垣酒造さんへ行ってきました。

この時は たまたま日本に来ていたイタリアのワイナリーの方が
一緒に行かれました。

醸造酒を作るもの同士 ちゃんとした言葉は理解できなくても
お互いを理解できているようでした。

蔵内見学のあとは お楽しみの試飲です。

今年の出来立ての龍神丸と喜楽里です。

まずは 大吟醸の中取りからはじまり

高垣酒造170周年記念の喜楽里大吟醸

試験作品の喜楽里にごり

龍神丸の純米吟醸中取り

喜楽里 純米吟醸中取り

と豪華な試飲をさせていただきました。

イタリア人ワイナリーの方の印象は
龍神丸 大吟醸中取り は香りがすばらしく 
甘みと酸味のバランスがすばらしいと絶賛です。
そして まったく日本語もできないのに
どのお酒が 刺身と合うとか天麩羅と合うとか を理解されていました。
やはり いつも食事とお酒のマッチングを考えている方は
すばらしい感覚を持っておられます。
これには 皆 脱帽でした。

私は 龍神丸大吟醸中取りはいつも通りすばらしいですが、
喜楽里の純米吟醸の中取りがなかなかの出来ばえだと思いました。
柔らかな芳香と やさしく膨らむ旨みと切れのよさ 
今年は 去年以上にいい出来かも。
そして 龍神丸の純米吟醸の中取りもいい出来でした。

当店にも龍神丸の大吟醸 喜楽里の大吟醸 
わずかですが入荷しております。
メニューには載せておりません。

2009年6月14日 (日)

龍神丸の高垣酒造さんへ行ってきました。

6月 中旬。 例年ですと 梅雨の時期ですが いい天気でした。

今日は 以前から 伺いたいと思っていた 和歌山の高垣酒造さんの見学に行ってまいりました。

高垣酒造さんのHPに 「蔵元見学」可能とありましたので 電話を入れてみました。 

わずか2名の見学申込でしたが、 快く受け付けていただきました。 

大阪からは 2時間ほどです。

当日は 少し早めに着いて 周辺を探索しました。

みかん畑に囲まれ 川には小魚がいっぱいる すばらしい自然環境でした。

建物は すごく歴史が感じられ、聞いてみると文化財の指定を受けていました。

創業は 1840年で 現在の建物は 大正の終わり頃に500mほど奥から移転されたそうです。

ご挨拶をさせていただいて 早速 蔵の案内開始です。

蔵の中は 冷房なしですが、とても涼しく そこに緑のタンクがいっぱい並んでいました。

和歌山というと 温暖な気候に感じられますが、谷あいに吹き降ろす風により、冬場は 蔵内の気温は零下になるそうです。

このタンクはホーロー製で そのひとつには 神戸製鋼が昭和29年に造ったものでした。 

ひとつが 7000L前後の容量があります。 

最近はホーローのタンクは作られなくなったとのことで ステンレスのタンクが主流になってきているそうです。

このステンレスタンクは 大吟醸など小仕込み用に使われるそうです。

タンクには 作者直筆の「もやしもん」のキャラがありました。

一説には 高垣さんがモデルかも??? 

昔は 2階にも作業場があったとのことですが、現在は ほとんど一人で酒造りをされているので 作業場は1階だけにしているそうです。

麹室(こうじむろ)  厳重に管理されていて 入室は禁止です。

タンクごとの温度管理 
タンクの下にある 給水管のレバーの開け具合で温度調節をします。
これをコンピューターに任せず 自分の五感をフルに使って調節するそうです。

 

そして 濾過・加熱殺菌処理・瓶詰めなど一通りの作業について丁寧に説明していただきました。

案内が終わると 楽しみな利き酒の時間です。

どんなお酒が出てくるのか楽しみにしていますと、

なんと 龍神丸 大吟醸の中取り と 通常の大吟醸 と 純米吟醸 の3種


龍神丸の 酵母違いの「喜楽里」(きらり) 
こちらは華やかなタイプのお酒。
女性の方に人気があるそうです。 当店にもあります。

「喜楽里」の加水バージョンの「紀ノ酒」純米吟醸
こちらは「もやしもん」の作者お気に入りだそうです。 
さわやかな口当たりにいくらでも飲めそうなお酒です。

さらに 地元で大人気の「流霞」(ながれかすみ) 本醸造生原酒と純米生原酒

本醸造生原酒は 20度近い度数でありながら おりがらみで、柔らかな飲み口としっかりした旨味が特徴です。

どれも素晴らしいお酒でした。 特に中取りの大吟醸は 価格から考えても相当の仕上がりです。 

また 特に表示はありませんが、 中取りは無濾過だそうです。

旨味がありながら 無濾過とは思えない透明感あふれる大吟醸でした。

今年の龍神丸も すばらしい仕上がりになっていました。

秋以降には 熟成が進み さらに美味しくなります。

嬉しいことに 見学に来られた方には この超入手困難な 中取り大吟醸を在庫がある限り試飲させていただけるとの事でした。
あまりの美味しさにおかわりをされる方もいるとか。

お会いしてから 終始笑顔で優しさあふれる対応をしていただいておりましたが、

利き酒をしながらお話を聞くと、さらにその人柄に感動いたしました。

とにかく 優しい人柄の中に とことんこだわる気迫があります。 

「自分の出来る限りのことをする。 どんな小さなことにも妥協しない」

最近 コンピューター管理の酒造りも増えてきていますが、 

「コンピューター管理をすれば 楽も出来るが、
酒は生き物・人間の五感を研ぎ澄ませて発酵の状況を感じ取り、
細かな手作業での調整をし、また 確認し そしてまた調整する
の繰り返し。
手間はかかるが コンピューターは使わない。」 

その酒に対する愛情と 張り詰めた気迫の中で 仕込み時期はは毎日3時間以下しか寝られません。

そこまでこだわるのも 「お酒を飲んでいただく人に喜んでいただくことを第一に考える」からだそうです。 

とことん頑固で 優しい方です。

仕込み水について聞いたところ 山から出てくる水脈に向けて掘った井戸の井戸水ということでした。

飲ませていただくと まろやかな軟水でとても美味しい水でした。

ずっとお話していたかったのですが 3時間近くお邪魔していたので おいとまいたしました。

本当にありがとうございました。

日本料理と地酒 華喜-はなき- のサービス一覧

日本料理と地酒 華喜-はなき-
  • TEL06-6203-1277